本音ブログが嫌われてお客様が離れる理由

そのお客様がビンゴだから!

だから本音でブログ書いて、嫌われて、お客様が離れてもいいのです。

むしろ迷惑なお客様に、いい顔してまで依頼されたくないと思いませんか?

役に立つ記事・検索されやすい記事・刺さる記事

もともと大したアクセスではない当ブログ。

とはいえ、読まれなければ始まらず日々更新を続けているので、少数ながらも必ず読んでくださる方がいらっしゃいます。

役に立つ記事

以前、アメブロを利用していた時は、お客様にとって役に立つことを書こうとしていましたが、なかなか検索されにくくシェアもされず、Facebookからの流入も少なかったんですよね。

それは今も同じ。

デザインに関する参考になる話や、広告の考え方等をまとめたものは、いくら内容が良くコメントやメッセージをいただいてもアクセス自体は少ない…場合によってはほとんどありません。

それでも、デザインの仕事を承るのにデザインに関する話題がないのは、相手の信頼を得られないかと思います。

公開時にアクセスが少ない記事こそ、全体では相変わらず少ないものの、時々ポンっと読まれていることがあるので、アクセスこそ少ないもののうさくま堂としては最も大切なコンテンツです。

検索されやすい記事

今の話題になるニュースや時事ネタを絡めた記事。Yahooの検索ワードを参考に、デザインに全く関係ない話でも自分には関連するものであれば、書いてみることで検索での流入は増えます。

固定された読者・ファン獲得にはなりにくいものの、全体のアクセスが底上げされたり、メリットはあります。

いちばん検索でヒットしたのが、DeNA村田マリさんについての記載。そして、電通の労働環境問題の際に一緒に検索された、秋山木工に関して。

うさくま堂開業前に村田さんとはお会いしてお話しを伺ったことがありますし、秋山木工に関しては桑沢在学中に見学に行き、就職を考えたこともありました。

無理して検索ワードばかりを意識しても、ブログ全体のまとまりはなくなってしまいます。ですが、実体験に基づいたことや前々から興味があることは、しっかりと記事が書けることもあって、多少はいつもよりアクセスが上がっていくものです。

刺さる記事

自分自身はあまり意識してはいないのですが…文章がスルドイと言われる記事がいくつかあります。

共感を得られたらいいけど、そうでないならお客様が離れるのではとの懸念。

でも、本音で丁寧に書いているつもりの文章に対して、反論したいとか怖いとか嫌悪感をいだく方とは、感覚的には合わないので、お客様として仕事を依頼しないでくれたほうが、私にとっても好都合なんですよね。

例えば、指定した期日に連絡なく入金しない方をボロクソに記事にしたとしますね。きちんとされている方は気にならないけど、お金にルーズな方は気になり「うさくまさんってひどいよね。もう依頼しない」となってくれたら、むしろ私のほうで断る手間が省けて助かるのです。

また、私は女性起業家をカモるようなセミナーにひっかからないために、女性起業家としてカモられないようにするには何かというテーマで、いろいろ書いているものがあります。

書き始めたあとは自信をもって自分の仕事に取り組んでいるので、そのようなセミナーやグループの判別がつくとともに、そのようなお誘いもほとんどなくなりました。

それどころか、Yahooニュースで紹介されたり、他メディアからもお問い合わせをいただき取材協力したり、反響があることに私自身が驚き、デザインの話ではないけどニーズがある話だと認識しています。

同業他社(者)の紹介にメリットはあるのか

昨日の記事で、連休中日でアクセス少ない当ブログのアクセスが限りなくゼロに近づく中ですが、「次期セルフマガジン・活動紹介冊子制作でデザインも内容も参考にしたいもの」というタイトルで、大分のデザイナー・西溜美和さんを紹介する記事を書きました。

ある意味、商売敵なのに・・・と思った方もいらっしゃいましたが、無理に仲良くせずとも敵にすることはないでしょう。

この記事を書いても書かなくても、西溜さんに依頼する方は西溜さんに依頼しますし、うさくま堂に依頼する人は依頼しますからね。

ただただ、個人的に「いいな」と思ったことを書いたまで。強いて言えば書いた時点ではピンとこなかったのですが、お互いに会社員時代「通販カタログ」での制作実績があるのです。その点が私に共感できるポイントでもあり、ひとつの記事となりました。

ダイレクトマーケティングは、その売り上げとカタログやチラシといったツールとの効果・成果が密接なので、デザインに対しても非常にシビアな世界。単に見た目がキレイでクールでカッコイイものを作ればいいわけではなく、広告とビジネスのしくみを理解している必要があります。

なので、いっそ次期セルフマガジンは西溜さんにお願いしたいと思うほど、、、なのですよ(笑)


スピリチュアルのような話にはめっぽう疎いうさくま堂ですが、昨日のブログをアップ後に子連れで撮影を兼ねた打ち合わせを行いましたが、追加でお仕事の依頼をいただく等、引き寄せていますからね!


Facebookにお客様からコメントをいただきました。そのコメントをご紹介しながら「ブログも広告もコツをつかむために必要なのは」ということを考えてみました。

 



制作の依頼ではなくても、30分のデザイン・ビジネス相談は初回無料で行なっております。お気軽にご連絡くださいませ。

デザインの本質からビジネスを考える宣伝ツールを作成いたします

集客や売上にお悩みはありませんか?

宣伝ツールの目的を見直しビジネスを掘り下げながらも、「かわいい」「美味しそう」「リーズナブル」…目的に合ったテイストのデザインをご提案します。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?