お客様との金銭トラブルを避けるために

少額であっても制作する案件に対しては、必ず書面と金額を残してから取り掛かりましょう。

それだけでもずいぶん違うと思うんですよね。

誤解から生じた金額のズレ

あるお客様から、チラシの制作を見積5万円で承りました。

その後、チラシの追加注文があったのですが、予算10万円との条件を許諾しました。

ただ、私は別途10万(合計15万)という認識でしたが、先方は既に制作した分も含めてトータル10万円。

うさくま堂、完全赤字です。

提示している料金表からも合わない金額ですし、明らかに狙っていると思われる紛らわしい依頼の方法。もちろん今はお取引しておりません。

とはいえ、私自身も着手する前の確認が足りなかったので、どんなに急ぎの案件であれ「お見積」「受注内容確認」を着手前に徹底し、金額はホームページ上にも掲載しています。

個人事業主であればこそ徹底しよう

見積や契約書、企業間取引だと当然のことかもしれません。

個人事業主で、特にお客様も個人の方だと、結構なあなあになることもあります。

だからこそ、「何をいくらで取引するのか」を明確にすることが大切。これでトラブルが回避できます。支払い期日も明確にして、個人のお客様に対しては、着手〜入稿前までに入金をお願いしています。特に印刷は建て替えることがありますので、ご理解いただいております。

キャンセル同義の酷い修正指示も、ごく稀にですが来ることがありますが、明らかに条件と異なる場合うさくま堂はお断りし、無駄な労力はかけていないのです。反面、お客様の想いを汲み取るために、何度でも繰り返して納得いくものを作りたい…それにはきちんと向き合い取り組みます。

自分の仕事と生活を守るため、約束事は書面に残すことが大切です。

当たり前のことだけど、当たり前にきちんとしましょう。

 

デザインの本質からビジネスを考える宣伝ツールを作成いたします

集客や売上にお悩みはありませんか?

宣伝ツールの目的を見直しビジネスを掘り下げながらも、「かわいい」「美味しそう」「リーズナブル」…目的に合ったテイストのデザインをご提案します。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?