その仕事は誰のため?起業コンサルの利益のためにやっているのか?

起業するって、会社員とは違い自分で責任を取るのだから、自分の思うように動いていいとは思うのです。

だけど、コンサルタントの言うことに全て従うって、上司がコンサルに入れ替わった上で責任までついてきて、いいこと何もないですよね。

だいたい何のために起業したんだろう

起業した理由…たとえばうさくま堂の場合だと、保育所に子どもを預けるためには再就職よりスムーズだったからですが、サラリーマンだった方が起業するなら、大概何かしらの理由があるかと思います。

ネガティブな理由であれば、上司や同僚が嫌だとかブラック企業だからとか。

ポジティブな理由であれば、やりたいことを実行するための必然だったり、お客様に求められたり。

どちらにせよ、起業自体は自分の判断で、自分のために行った筈です。

それなのに、起業コンサル・業務コンサルにサポートしてもらう中で、全てコンサル任せだったりしたら、何のために起業したのかわからないですよね。

責任ばかりが増えて、誰かの指示待ちであるなら、サラリーマンのほうがずっとマシ。効率がよいのです。

自分の好き勝手では結局うまくいかない

だからと言って、自分の好きなことややりたいことを、やりたいようにやっていても、仕事としてはうまく回りません。趣味の範疇であったりボランティアであればいいのですが、そこから利益を生み出していくとなると、好きだけでは商売にならないこともあります。

自分のこだわりのある商品を売れば、それを共感してくれる人には売れるかもしれません。

でも、共感してくれない人には売れませんから、マーケティングは狭くなります。

自分のこだわりは大切にしながらも、お客様が求めていることは何かを把握し、そこを意識したものでないと、最終的には自己満足で終わってしまいます。

何事もバランスよく取り入れる

コンサルの考えを丸呑みし、自分のやりたいことや考えを抑えてまでは続かないですし、楽しくありません。

だからといって、1人よがりで好きなことに集中するのは、お客様に商品やサービスを提供するという視点がなく、お仕事として成立がしないのです。

それならば、自分の「ここだけは譲れないこと」を明確にして、それに対して客観的にどうアプローチしたらよいかを考えたら、自分も楽しくお客様にも喜ばれる商品やサービスを提供できます。

それなら、ストレスなく利益をあげて、お客様にも満足してもらえる筈です。

具体的なことは難しい反面、実に単純なことなんですよね。

あくまでも自分の内なる思いから、お客様がにどう満足してもらえるか・何を求めているか・何に困っているかを考えて、それに対しての客観的な助言をコンサルに求められたら、ビジネスとしてのバランスは良いのではないでしょうか。


関連記事:
なぜ女性起業家支援コンサルは起業を勧めるのか
コンサルが口を挟むとチラシの効果が激減する理由

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?