かっこいい理念を並べても実際の行動はどうなのかを問いたくなる経営者

ホームページに掲げている経営理念とかミッションコミットメントとかあるじゃないですか?

それが飾りになってしまう会社かどうか、経営者に聞いてみたらいいのです。

「結局何がしたいんですか?何をしてるんですか?」

※そう言っちゃう以上は自分も気を引き締めねば…ですが

利益を出すことばかり考えてはいないか?

ビジネスである以上、利益を出すことは必須です。

物販でもサービスでも、無駄を省いて効率よく受注ー納品と進めば、楽してお金を得られます。

ですから、そればかりを考えてしまう。時折そんな経営者に遭遇します。

「なぜ今それを行うのか」と聞いた時「お客様のために」と答えられても、結局は自分の都合や利益ばかりを優先させてしまっています。

お客様のために…と言いながら、お客様の来る見込みがないお店を開け続け、スタッフは休みはないのに手持ち無沙汰ではストレスがたまるばかりです。あるいは、お客様に喜ばれるためにディスプレイにこだわっているのに、動線が非常に悪いことを改善しません。

それで、本当にお客様のためを思ってならば良いのですが、営業すると決めたからという理由だけ・見た目重視で機能を考えないなんて、自己欲求を満たしているだけに過ぎません。

お客様と従業員、お客様と自身のスキルアップが利益につながる

前の記事に書いた内容と重複しますが、お客様の求めていることをしっかりと見極め、従業員や自分自身が仕事に誇りを持っていたら、利益につながります。誇りがあるからこそ、サービスは向上します。サービスが向上すれば、お客様は満足します。満足したお客様はそのお店やサービスを繰り返し求め、あるいは友人を紹介するでしょう。

よかったことの口コミは、加速度的に広がります。逆もまた然り。

それは確固たる志から生まれた、創業の理念・ミッションコミットメント等があります。

それを実行するためには、従業員や自分自身が満足いく生活ができてこそです。何か仕事に不満があったり、ストレスに感じることがあるなら、理念やミッションを行動には移せません。

お客様にとっても働く従業員にとってもプラスとなる効率化や経費削減は、経営上必要なことでそれ自体がストレス軽減にもなるでしょう。反対に、現実離れした効率化や経費削減ばかり求めても、逆に何も考えなくても、ストレスは溜まってしまい利益とはかけ離れます。

最終的には裸の王様になってはいないか

業務改善に対して従業員が声をあげたり、フリーランスであれば外部メンターからアドバイスがあった時、まずは素直に受け入れてみたら新しい発見があり、事業がうまく進むことが多いでしょう。

自分の根拠のない自信で何も変えずに突き進むことで、それが間違った方向であった時は、従業員やメンターが離れていきます。そして、お客様もいなくなります。

まずは理念を現実とするために、一度第三者の声を冷静に受け止め、進めてみてはどうでしょうか。

大概のフリーランスや経営者は、あまりに自分の考えに固執して、ドツボにハマっているように思えますから。

お客様にしっかり届いて集客につながる広告をご提案

チラシや広告の反応が気になる方へ

効果的なチラシのデザイン作成はもちろん、どのように配るのかまで考えながら、一緒に作り上げていきましょう。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?