社長ブログやスタッフブログからわかる会社の様子

個人事業主のブログとは異なり、会社やお店が組織化されている場合、その内容や更新頻度から会社の実態が見えてきます。

内容以前に更新されていない場合、会社としての「あり方」が問われます。

更新されてないということは、忙しいということなのか?

更新頻度が毎日なのか、週に1回なのか、月に3回なのか…これはお店なり会社なり、あるいは個人が決めることですから、決めた通りを目標に更新すればいいと思います。

毎日だったのに1週間程度更新がない、毎週水曜日だったのに金曜日になってしまった…なんてことも、そのブログを書いている人の事情によって、やむを得ないこともあるでしょう。

ですが、最終更新日が1ヶ月以上前だったり、ひどい時には半年近く更新されていないもの。

1ヶ月であれば、まだまだこれから挽回できるでしょうが、半年以上更新していないブログを置いている意味はあるのでしょうか?

ブログ書くこともできないくらい忙しい=ブログ書く時間すらコントロールできないダメな人間ですってアピールしているようなもの。

組織であれば、「時間をコントロールできないブラック企業です」と言ってるようなものなのです。

忙しいのではなく、だらしない印象を与えてしまいます。

何らかの事情で継続できない場合の対応

何らかの事情でブログが継続できない、だけど良質なコンテンツで検索からも未だ読まれている記事がある…なんて場合は、できれば削除せずに残しておきたいもの。ブログはなにより、資産ですからね。

ですが、そのまま放置ではだらしない印象を与えますから、ここは思い切って更新終了としたほうが良いです。

長期間更新できそうにない場合も同様。

できれば更新できなくなる前に、コンテンツの新たな更新を行わない旨を表記しておけば、だらしない印象はありません。

再開するのであれば、また始めればいいだけです。あるいは、新たなブログを作る場合は、そちらへ誘導すればいい。

気になる企業のブログから得た印象

面白そうな会社、生き生きしている会社の社長ブログやスタッフブログは、やっぱり面白いです。単なる日記や宣伝ではなく、社長やスタッフの想いが文章から溢れ、読み手に役立つ記事がたくさんあります。

更新は毎日ではなくても定期的に行われてますね。

残念ながら更新終了しているブログであっても、きちんと明記している会社だと、過去記事もとても興味深い内容のものです。

反対に、ブラック企業と言われるような会社や経営的に心配な会社だと、更新がいつなのかわからい・放置されているものや、更新されていても「単なる日記と宣伝」で終わっています。

 

 

 

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?