うさくま堂ブチ切れ!交流会や懇親会で「やってはいけない」気をつけたいこと

3月は別れの季節。でも、4月以降は新たな出会いも増えることでしょう。

自営業だと季節に関係なく、様々な交流会や懇親会で出会いと別れを繰り返します。

このような出会いに対しては、無理して相手に合わせる必要はありません。ただ、相手が初対面であれ既知の人であれ、あえて不快にさせないように心がけたいものです。

※せっかくの出会いも台無しになってしまいます…

名刺を切らしておりまして…一体何しに来たの?

ビジネス目的の交流が発生する場所で、名刺を切らして…というのは結構あります。

それも終了に近い時間であればやむを得ないとは思いますが、そうではなく始まって間も無く。中盤に差し掛かる前にこれを言われるとビックリします。

名刺…印刷ってどんなに高いネット通販でも、100枚5,000円くらいでしょう。普通のマットコート紙なら500円でお釣りがきます。本当に前日に切らしたなら、キンコーズ等の出力センターに行っても、10,000円までしません。

名刺くらいでバタバタ慌てないよう、日頃から在庫を管理し、切れる前に早めに印刷しましょう。それすらも手間であれば、こんな時こそ「うさくま堂」で作っておきましょう。

あ、もしかしたら…うさくま堂に名刺渡したくなかったんですかね(笑)

その方の商品を購入したくて、まずは名刺交換と思ったのですが。名刺がない上に「Facebookで◯◯◯を探してください」なんて言われても、探すわけないじゃないですかね。

常連や年配者こそ大人の振る舞いを

繰り返し開催されるセミナーや懇親会、交流会では、常連さんとして認識される人もいらっしゃいます。他の参加頻度が高い人や、ともすれば主催者からも一目置かれるかもしれません。

そんな時こそ、基本的な…それこそ最低限の大人のマナーを絶対に守りたいものです。

セミナーであれば講師の話を邪魔するような質問や、他の常連さんとの私語・雑談で、その会を壊すような行為はやめましょう。

ちょっとビックリしたのは、由緒正しい?都内の懇親会での出来事。

軽食が振舞われる交流会の場で、1人1個と決められていたお菓子を、山のように持ち去っていた老人。常連さんで、立派な士業の方。1人1個と言われたら、5歳の息子だって守りますよ。それをいい大人が・・・

恥ずかしいですよね。

私、おかげさまでもらえませんでした。食べ物の恨みは怖いですから!

あれ、50歩100歩かな(苦笑)

その業界ではどんなに有名でも実際は無名のあなた

その交流会において、すでにある程度のグループが存在する場合。

そのグループなり業界においては超有名な方っているんですが、そのグループや業界以外の人は、正直誰も知りません。

私はスピリチュアルなことには疎いのですが、その界隈では相当有名な方からイベント告知のチラシを受け取りました。その方のことを存じないため、名刺交換しながら雑談をする中で、その中心的人物の取り巻き?の方に「え、うさくまさん◯◯さんを知らないんですか!」「とっても有名な先生なのに、なんて失礼な!」みたいな始末。

いやいや、私関係ありませんから。

といいますか、その方は一体、何しに懇親会に来たのか謎です。知らない人に自分を知ってもらうことが前提なのに、既に自分が知られていることを前提に話をされても、正直引いてしまいます。

Facebookでの友達が必ずしもあなたを認識してはいない

Facebookの使い方が、リアルな知り合いのみ100人前後であれば、その全ての方を把握できるでしょう。

でも、1〜2回お会いしFacebookでは友達であっても、特に交流をもっていない方のことを、普通は把握していません。そんな方と久々に交流会でお会いして、さもタイムラインに投稿したことを知られてる前提で話をされても、正直困ってしまいます。「失礼ですが、ごめんなさいわかりません…」と素直に謝り状況を聞くも、不機嫌になるなんて。

あなた、全然有名人じゃないですからね。

逆に、同じテーブルについた初対面で、こちらが名刺を渡しても名前さえ名乗らない…一体何様なんでしょう。

ん、これは、うさくま堂がぱっと見感じ悪かったのかしら?

いろいろ悩んでしまいました。

それでも交流会に足を運ぶ理由

それはうさくま堂の人相なり身なりなり、何かいけないことがあるのか?そんな心配もしてしまうくらい、交流会ではガッカリされられることが多々ありました。

反面、そんな嫌な思いもすることはありますが、大概は楽しかったり、そのまま仕事につながることもあるのです。

私を不愉快にさせた相手は、大概私より年上で、50歳以上〜60歳前後、中には70代とも思しき方もいらっしゃいました。

私ももしかしたら、自分より若い方を不愉快にさせているかもしれません。特に言葉遣いや、見下したような態度をとっていないか…本当に我が振り直そうと、思うことが多々あったので、取りまとめてみました。

これらは今年に入って3ヶ月の間、さまざまなセミナー、交流会、懇親会での出来事。

この先もいろいろな出会いがあるかと思いますが、自分を着飾る必要はないけど、感じ悪い印象は与えないよう心がけたいものです。