キラキラ起業女子の減少に思う、キラキラ起業女子への憧れ

キラキラ起業女子と呼ばれる人たちが、どうやら減少傾向のようですかね?

痛いし実態がわからない起業女子ではあれど、言い訳ばかりでなにもしないでグズグズと他人の批判ばかり…そんなおじさんおばさんに比べたら、キラキラ起業女子って魅力あるように思える今日この頃です。

※相変わらずロクな関連キーワードでは、ないんだけどね…

キラキラ起業女子って本末顛倒な話

毎日自撮りして、意識高い系の発信して、どれだけ充実しているかをアピール。

全てを手放して本当の自分探し、やりたいことだけ好きなことだけ…勘違い自己啓発に傾倒し、その間違いに気が付いた方々が地に足をつけたことで「キラキラ起業女子」が減少しているなら、ある意味喜ばしいことかと思います。

反面、毎日愚痴ばかりをこぼし、何もせずに悶々とくすぶっている人たちに比べたら、実はキラキラ起業女子って魅力があるのかもしれません。

不平不満のかたまりでダラダラするより魅力的なキラキラ起業女子

そこには無理矛盾があったりしても、少なくとも自分を美しく魅力的に表現し、自己啓発本の受け売りであれど意識高い考えを発信しているほうが、愚痴ばかりで何もしない人たちよりも人生充実しているでしょうね。

それが、正しいかどうかは別として。

ディスってばかりでしたが、本当に何もしないでボーッと生きている人たちよりもマシ。

テレビは見てないからよく知らないけど「チコちゃん」に怒ってもらった方がいいかもしれませんね。

キラキラしながら客観的に俯瞰的に自分を分析しよう

とはいえ、ビジネスの基本である「対価交換」をせず、自己投資ばかりに力を注いでいては「起業」ではありません。

投資をしたらやはり回収です。

回収するには「お客様」のことを第一に考え、求めていることにお答えするわけですが、そのために自分は何ができるのでしょうか。

たとえば、癒し系サロンを運営するのであれば、自宅の一部で隠れ家的に行うのがよいのか。駅から近くて利便性が高く、だけどにぎやかすぎない場所がいいのか。家賃が払えないから自宅でサロンはもってのほか。自分のことに投資するよりも、お客様のために投資をするのが先ですよね。

この感覚がないと、自分のキラキラアピールが優先され、お客様は離れていき、投資したものを回収できないのです。

お客様はあなたの「キラキラ」なんて興味がありません。みんな自分が大事なのです。この現実を受け止めた上で自分も輝きながら、より客観的に俯瞰的にビジネスを考え、行動に移すことが本当の「キラキラ起業女子」でしょう。

 

今年は「文武両道」を意識し、さらなる学びと体力の向上に務めるうさくま堂ですが、その根っこにあるのは「中身のしっかりした、キラキラ起業女子」を目指すところなのです。

関連記事:2019年のうさくま堂は「文武両道・遠近両用」

 



制作の依頼ではなくても、30分のデザイン・ビジネス相談は初回無料で行なっております。お気軽にご連絡くださいませ。