私が桑沢卒業後ブラック企業「秋山木工」へ就職しなかった理由

私は桑沢デザイン研究所出身ですが、そこでの専攻は「インテリア・住宅デザイン」で、家具のデザイナーを目指していました。

就職氷河期で選択肢もなかった時、先生からも勧められ自分も就職したいと思ったのが、有限会社秋山木工。

どうやら、ブラック企業として取り上げられているようで、検索ワードの上位に見つけてしまいました。

img_5761

 

私が桑沢デザイン研究所在学していたのが、もうかれこれ24-5年も前ですから、当時と今とでは状況が違うかもしれません。

丁稚奉公と労働基準法

女性でも丸坊主で修行中は恋愛禁止。当時はまだ携帯等なかったけど、そのようなものは持ち込み禁止。全寮制で休みは盆と正月のみ。

だけど…これは学校単位でだったかな?会社見学での秋山社長の思いは熱く、3年間(だったかな?)やってみたいという気持ちが、在学中の私にはありました。

労働基準法は全く無縁の世界ですが、その先にあるスキルアップとやりがいを思うと、とても興味ある会社でした。反面、生半可な気持ちは通用せず、本当に厳しい世界に自信がなく迷っている面もありました。

当然、買って間もないオートバイも乗れなくなります。

 

仲間の後押しと家族の反対

実家の近くにある会社とはいえ、全寮制というところで両親は大反対。

桑沢はどちらかといえば体育会系のノリがあるので、仲間や先生は背中を押します。

結局、家具デザインは好きだし、本気でいろいろやりたい反面、そのためにすべてを失うのはどうなのか、20代前半の貴重な時間が家具だけの世界で潰されるのは「家具職人」になるにはいいけど「家具デザイナー」になるにはマイナスではないか…と感じ、就職を断念。あとは、なによりバイクに乗れないのが嫌でした(笑)

結果、就職はうまくいかず、インターンで飛騨地区にある家具工場へ行くも仕事にはつながらず、やっと入った家具工場は業務縮小、建築会社は倒産…DTP専門の派遣会社の社員さんと友達になったので、付き合いで登録して広告やグラフィック分野の仕事を始めました。

そして、現在に至ります。

 

その選択は正しかったのか

その選択が結果的には正しかったのか、もしかしたら秋山木工に就職していたら…家具デザイナーとして一線で活躍できたかもしれないし、潰されてデザインとは全く離れた世界にいるかもしれない。こればかりはわかりません。

ただ、どんなにブラックと他から言われても、ブラックなところを包み隠さず話しているのが秋山木工です。

好感度はいいけど実態はグチャグチャな大企業とは大きく異なります。

その道を本気で貫くために、3年間絶対負けない心意気があれば、秋山木工で必ず成功できるでしょう。

たしかに労働基準法と照らし合わせたら本当にアリエナイ会社ですが、そこをよく理解した上であれば単なるブラック企業とは異なり、人生の成果をあげられるのではないでしょうか。

 

ただ、私は学校経由できちんと説明を受け、本当に厳しいことを知っていたのですが、どうやらネットでの情報だと「求人情報」と現実が異なるようですね。実体験ではないのでそこはわからないけど、もしネット情報が正確であれば、正直残念だし、あの時辞めた判断は正しかったのかもしれません。



制作の依頼ではなくても、30分のデザイン・ビジネス相談は初回無料で行なっております。お気軽にご連絡くださいませ。