仕事の効率アップと品質向上ためには、質と量とはどちらが大切か

「量より質」といいますが、その「質」を高めるために必要不可欠なものは「量」であります。

非効率なことだけど量をこなす意味

何かデザインの依頼があった…たとえばショップカードを作るとします。

決定はコレ

最初に一発でこのデザインを導くことができたら、それは効率よく仕事ができて素晴らしことです。

逆にいくつも作って30くらい作って、だけど最初のものに決まったら…

いくつも作ってデザインが変わって、変わったものが採用となれば数をこなした意味があります。でも、効率が悪くてダメってことではないのです。

なぜなら、結局最初のものに戻すにあたっての「裏付け」があるから。
対して、一発で作り上げたものに対しては、それがベストだと判断するための比較材料がないため、「裏付け」がないのです。

効率優先で素早い仕事をするために

アイデアは数出して考え抜いて、だけど本当に時間も予算もない中で、サッと用意すべき時も多々あるかと思います。

そんな時も、日頃から1つの案件に多くのアイデアを出す習慣があれば、採用しなかったものもアイデアとしてストック。引き出しにたくさんのアイデアがあれば、瞬発力を要求される場面でも、ストックしているアイデアから流用できることが多々あるのです。

質を高めるためにも、効率を上げるためにも、日頃から数をこなすことは大切で、これはデザインに限らずどんな場面にも通じることだと思います。

どんなことでも数をこなしスキルアップすることは、初心者はもちろん経験者も忘れてはいけないことですね。

 

デザインの本質からビジネスを考える宣伝ツールを作成いたします

集客や売上にお悩みはありませんか?

宣伝ツールの目的を見直しビジネスを掘り下げながらも、「かわいい」「美味しそう」「リーズナブル」…目的に合ったテイストのデザインをご提案します。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?