建物の写真と著作権について〜羽田空港に問い合わせてみました

うさくま堂デザインの実務において、羽田空港と旅客機が写っている写真を使いたい事例が発生したので、羽田空港の管理会社である、東京国際空港ターミナル株式会社・企画部担当者様あてにメールをしました。

※結婚するチョット前は羽田で飛行機撮ってました(`・x・´)キリッ

前提として建物の写真を使う時に気をつけること

建造物・建物・街並み…これらが入った写真を使って、広告やwebでの発信をする時には、いくつか気をつけることがあります。

原則として一般のビルや建物の外観は著作物にはならない

著作権というものの定義は…

精神的労作の所産として、文芸・学術・美術・音楽・建築などに関して思想・感情を創作的に表現したもの。

著作権法46条に書かれていることだと…

美術の著作物でその原作品が前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。

ですから、その建物の敷地外から撮影したものであれば、原則として自由に利用できます。

自由に利用できない場合

ただし条文がありまして…

  • 彫刻を増製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
  • 建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合
  • 前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合
  • 専ら美術の著作物の複製物の販売を目的として複製し、又はその複製物を販売する場合

屋外に恒常的に設置されている建築物や彫刻を複製すること、それを販売することは禁止されています。

たとえば「カレンダーやポストカード、写真集として販売」とかはNG。

ポートレートやプロフィール写真を撮影するフォトグラファーの場合、それが背景の写り込みという認識であればOKですが、敷地内であったり明らかに映り込みとは言い難いような場合は、適宜確認したほうが安心ですね。

羽田空港の写真を社内報に使いたい!こんな時は…

先の前提を読む限りでは使えそうだけど、この撮影ポイントは空港内かもしれない…

それに「Tokyo International Airport」や旅客機のロゴは大丈夫なのか。

社内報であって一般配布はしないものだが…。

デザイナーでは判断が厳しいところですから、これはもう空港の管理会社である東京国際空港ターミナル株式会社へ問い合わせました。

結論は「使用OK」…なぜか?

企画部のご担当者様宛にメールに画像添付で確認。

半日足らずで大変丁寧な返信がありました。メールのため、概要をまとめると…

  • まず使用は可能
  • 概観の写真であること
  • 夕景でロゴも明確ではないこと

このことから、使用に差し支えないとの回答をいただきました。

ダメな場合はどんな場合か

使用可能な理由の逆になるのですが、これが概観ではなく内部の画像であると、人が写り込んでいる場合が多々あります。空港や駅、街で慎重になる必要があるのは、人の写り込みです。建物自体に肖像権はありませんが、人に対してはどんな人であれ肖像権があります。

また、今回だと旅客機(JAL、ANA各社)のロゴが、街並み等であれば看板やショーウインドウのブランドロゴなどが、場合によっては著作権に触れる場合があるのです。

これらのロゴが写っていることで、フリーライド(タダ乗り)できてしまうのは問題でしょう。

迷ったら、施設に問い合わせが安心

これが果たして利用可能なのか…特に著名な建造物であるならば、迷った時はその建物の管理会社に問い合わせるいことがいちばん確実です。

羽田空港は大きく管轄もいろいろですが「東京国際空港ターミナル株式会社・企画部」です。東京タワーやスカイツリーは、公式サイトから問い合わせ窓口があったかと思います。

サイト等で調べると、先の著作権法で可能だという情報も多くでていますが、事前の利用許諾が必要な建造物も多々あるのが事実。

反面、理不尽なことで言いがかりをつけられた場合は、きちんと話し合いを持ってください。場合によっては弁理士さんや弁護士さんに入ってもらった方が安心ですね。

 

うさくま堂デザインは一個人のデザイナーに過ぎないため、著作権法その他法律に関しては、時に失敗を重ねながら日々勉強しております。この情報はあくまでも体験ですので、本当に正しいかどうかは各自の判断のもと、個別に確認をとりながら進めてください。この記事で、なんでも勝手に使ってはいけないことを知ってもらえたら嬉しいです。

よく読まれている関連記事:
SNSのロゴを名刺やチラシに使う時は利用規約をよく読んで
キャラクターぬいぐるみの写真は公開してもいいのか・キャラクターの著作権に関わる話

 



制作の依頼ではなくても、30分のデザイン・ビジネス相談は初回無料で行なっております。お気軽にご連絡くださいませ。

 

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?