フリーランスクリエイターが実現する迅速な対応と連絡とは

フリーランスで仕事をする場合、制作系のことであればメールやネットを介してのやりとりが中心です。

事務所をもたないだけに返信のレスポンスが重要で、うさくま堂でも迅速な対応に注意しています。

(関連記事:起業家セミナーで学べなかったフリーランスの重要事項

そんなことを意識しながら、仕事をした事例をご紹介します。

現在進行している「セルフマガジン」制作のお仕事

以前名刺のデザインを行いました、写真愛好家・自分の「好き」が伝わる名刺 旅と暮らしの風景フォト あさひゆうこ様のセルフマガジン(フォトブック)の制作が大詰めです。

プロフィール写真を週末出張フォトグラファー・町野健さんに撮影依頼したそうで、セルフマガジンのページにも使えるよう、お願いをしました。

あくまでも写真に合わせてレイアウトを決めてデザインする方向ではありますが、反面いい写真であっても紙面バランス上の理由で使えないのはもったいないですから…

こんな感じに入れたいというイメージをあらかじめ送りました。

撮影当日…イメージが依頼者にも伝わる秘訣!

土曜日の午前中、うさくま堂はおやすみですから、主婦らしく部屋を掃除していました。

すると…撮影中の町野さんから、撮影イメージがすぐに送られてきました。

仮に当て込むための画像…これで十分なのです。逆に、パソコンに取り出して転送なんて手間ですし、私がまずイメージできればいいので、スピードが大切。これならおそらく、十分レイアウト可能でしょう。

ただ、そう伝えても一緒にいる依頼者でありモデルの、あさひさんにはイメージができないでしょう。

ちょうど息子も不在でしたから、実際に当て込んでみました。

こんな感じ。

これだと、あさひさんにも使用イメージを想像してもらえますし、カメラマンには撮影続ける際に注意してほしいことも伝えられます。

これも10分もあればできることです。

完成度ではなく、どうしたいかの意思を大雑把に形にして見せることも必要なのです。

もちろん、うさくま堂はおやすみですから必ずしもできることではありません。もし外出していたらここまではできませんが在宅中でしたし、町野さんも撮影の手を止めて迅速に用意してくださったのですから、可能な限りは対応したい…

やはり、あさひさんに「きちんと伝えたい」という思いがあるのです。

あさひさんのセルフマガジンや町野さんとのやりとりは「かさこ塾フェスタ」でも!

さて、あさひさんには実際に撮影されたサンプルデータを見て、画像を当てはめたものから選んでいただきました。

実際には…全く違うものに?!ぜひ「かさこ塾フェスタ」にて配布します、「あさひゆうこ セルフマガジン(フォトブック)」をご覧ください。冊子には載せていない写真もブース展示しています。

また、町野健さんとのやりとりは、司会のかさこさんに広告漫画家・百万友輝さんというメンバーで、フリーランスで制作作業(=クリエイティブワーク)に関わるポイントを、いろいろお話しできるかと思います。

こちらもぜひ、ご覧くださいませ。

  • 日時:2017/4/16(日)10時〜18時
  • 場所:東京文具共和会館
    東京都台東区柳橋1-2-10 JR総武線・都営地下鉄浅草線「浅草橋」下車徒歩6分
  • 公式サイト:http://festa.kasako.jp/2017tokyo/
  • 好きを仕事にしてる人の座談会(クリエイター部門):14:55〜15:25

誰もが遊びに来れる!入場無料の楽しいイベント。好きを仕事にする見本市=かさこ塾フェスタ。それぞれの好きを武器にしたかさこ塾生たちが共同で出展し、セミナー、ワークショップ、相談ブース、セッション、展示、物販などで来場者を楽しませるイベントを開催します。