物を売りたいなら店内で愚痴をこぼすな〜あるドラッグストアでの体験〜

飲食店でも量販店でも、スタッフが店内で仕事の愚痴…ましてや提供しているサービスや商品を悪く言うのを聞いてしまったら、もうそこでは買いたくなくなりますよね。

※仕事中はしっかり仕事しようね(´・x・`)

オープンセール中のドラッグストアでの出来事

フルマラソンに向けて、落ちにくいアイブロウ(眉を描くもの)を探していた、うさくま堂デザイン。いつも買い物へ行くスーパーの手前に、新しいドラッグストアができたので行ってみました。JAF会員の割引券も持ってたしね。

オープンセール中で華やかな雰囲気の中、プチプラコスメの棚もたくさん!探すのも結構大変だなと思いながら物色していると、品出し中のスタッフ3〜4人が目当ての棚の前にいたので、ちょっと見たい旨を伝えようと近づいたところ…

「もう、こんなに種類多くて嫌になっちゃうよねー」

「こんなの100均でも売ってるんだから、そっちで買えよなぁ」

「100均ので物も十分じゃんねー」

これからその物を買おうとしているお客さんがいるのに、自分たちのお店で取り扱っている商品について、こんなこと言ってる側から、「このアイブロウペンシル見たいんですけど…」なんて言えないですよね。

1,000円前後の商品2種でしたが、特売の卵と食用油、合計300円買って店を出ました。

結局、いつもの大型スーパーで、もっと安く買えたので良しとしますが、もう二度とここのドラッグストアには行かないでしょう。

せめてお客様を不快にさせない

お客様の立場をよく考えたサービス、これができたら最高だけど、ここまで考えられるスタッフが全てではないのが残念なところです。

そうであれば、最低限お客様に不愉快な思いをさせないよう、心がけたいものです。

人間誰にでもミスはあると思います。そこを責めるお客さんは心が狭いけど、実際そんなお客は多いでしょう。

しかも、今回うさくま堂デザインが不愉快に感じたのは、スタッフのミスではありません。仕事の愚痴をこぼしていたり、買おうと思っている商品を悪く言われたら、当然不愉快ですからね。

店を持たない仕事も同じです

うさくま堂デザインは自宅フリーランスのため、事務所や店舗は構えていません。

ですから、飲食や物販のような不特定多数のお客様ではなくお客様と向き合いますが、ブログやFacebook等通じて不特定多数の方々の目に触れる活動をしています。

ここで、いつもいつも仕事の愚痴やミスを連発した投稿だったら、うさくま堂デザインを信頼できず仕事を頼みたくなくなりますよね。

うさくま堂デザインも完璧な人間ではありませんから、時にはミスもしますし愚痴を言いたくもなります。でも、それはSNSよりも身近な仲間や家族に少しだけ聞いてもらったり、SNSでは注意喚起的な意味合いにしたほうが、お客様に信頼される気がします。

 



制作の依頼ではなくても、30分のデザイン・ビジネス相談は初回無料で行なっております。お気軽にご連絡くださいませ。

お客様にしっかり届いて集客につながる広告をご提案

チラシや広告の反応が気になる方へ

効果的なチラシのデザイン作成はもちろん、どのように配るのかまで考えながら、一緒に作り上げていきましょう。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?