仕事のメールとは違う仕事LINEやFacebookメッセンジャーでの注意点

既読が相手に伝わっていることを、認識した対応を心がけたいものです。

※プライベートでは淋しい…で済むけど、仕事では信用を失うことも

返信を後回しにしていることが相手に伝わります

フリーランスや個人事業主だと、Facebookでお仕事の相手とつながることは多々ある昨今。それがお客様であったり、依頼先であったり、ビジネスパートナーだったりと、その関係性は様々です。

それだけにFacebookのメッセンジャーは、メール以上に相手と容易に連絡が取れる便利なツールです。他にはLINEやショートメッセージ(auのCメール)が該当するかと思います。

これらは相手がメッセージを読んだかどうかがわかることが特徴。できるだけ早い連絡が欲しい時は、メールよりも便利です。

…ということは、相手が返信を求めていることに対し反応が遅いと、信頼を損なう場合があるのです。

特にFacebookだと、自分のタイムラインにたくさん投稿していたら、それだけの余裕があるにも関わらず、返信が遅いことが相手に伝わってしまいます。これが未読であればまだしも、明らかに読んでいるにも関わらず返信が遅いと、これは信用を失います。

メールも同様であまり遅いと疑問をもたれます

メールでの伝達においても同じ。

全くメールに返信がないにも関わらず、Facebookの投稿が連発していたり、しかもその内容が余暇としか思えないものであれば、返信が遅いのは気がかりです。

Facebookで繋がってなければ、メール以外の電話等で確認するなどの、余計な確認作業が必要です。

仕事において、相手に余計な手間を掛けさせるのは、できるだけ避けたいものですね。

またメールの場合は、差出人表記がメールアドレスのままだと、誰が出したのかわかりません。文末の署名を入れる設定にするか、相手に伝わる名前を必ず入れましょう。

よくよく調べたらわかる時もあるのですが、相手に余計な作業をさせないことも思いやりです。

すぐに返信ができない時のスマートな方法

そうは言っても、すぐに返信できない時は多々ありますよね。

案件が複雑で回答が出せない時とか。

無理して返信する必要はありません。ましてや、チャット状態になってしまうのも、時間があればよいのですが、忙しい時は疲れるだけで良い状態とは言えません。

そんな時は「拝見しました。改めてお返事します」と言った旨のメッセージやメールをすぐに送っておくのです。それだけで、相手は少し検討するんだな、考える時間が必要なんだな…ということがわかります。

もちろん、それでも忘れてしまうことはあるかもしれません。

けど、相手に対して無関心ではないことが、伝わるためのアクションは大切です。

返信の返信…とエンドレスに続けることもありません。


自分が受注者側(仕事を受ける側)の立場である時はもちろんですが、発注者側(お客様側)の立場であっても、少しの気遣いで相手に本来の仕事に専念してもらい、最高のサービスを受けられるのです。

 

 

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?