転職が多かったうさくま堂が所属した会社の現在

実は…うさくま堂デザイン、あんまりいい状態ではないんですよね。

だけど、閑散とした飲食店は、そのあと満席になりますよ!

※仙臺四郎がやってきたお店は商売繁盛なんですけどね(・x・;)

会社を辞めたあとの状態が…

専門学校卒業後、最初に入った家具工場と建築会社は倒産。

その後、派遣から契約社員で6年ほど在籍した外資系化粧品メーカーは、倒産こそはしていないものの、日本法人は本社から売却されてしまい、全く異なる海外の別会社の傘下に入ってました。

かなり酷使されたり経営悪化で解雇された会社は、その後ネットで検索しても名前は見当たりません。

試用期間で切られた会社は、残念ながら倒産したようで、再建した情報も探せていません。

1年半ほどお世話になった会社は大幅リストラの一貫で退職しましたが、社員の入れ替わりはあれど会社自体の体制が大きく変わった感じはなさそうです。最後にお世話になった印刷会社も、東京支社はビル再開発の影響もあり移転はしましたが、順調のようでなによりです。

うさくま堂が訪れた飲食店やガソリンスタンド

一時期は「お前は会社クラッシャーか!」と言われるほど、辞めた(もしくは解雇された)あとの職場は、あまりいい状態にはなっていません。倒産や事業縮小、経営者変更などマイナスな変化が絶えません。

しかし…

閑散とした飲食店やガソリンスタンドに入っても、出る時は満席だったり行列ができていたりすることは多々あるんですよ!

お昼はランチピークを外し、席はガラガラになった頃を見計らって行きます。でも、出る時には再び満席になっています。

ガソリンスタンドは家の近所で決めている場所で給油しますが、遠出をして出先で給油する時に車はいなくても、給油を終えて出る時にはスタンド埋まっていることがよくあります。これはバイクでツーリングしていた頃は、特に経験しています。

思い過ごしてもいいんです

こう書くと「そんなのは思い過ごしだ」と言われることが多いでしょう。

でも、いいんです。

自分はお客様を呼び込めると思い込めたら、それはそれで幸せです。会社の倒産やマイナスな情報は正直残念ですが、最後にお世話になっている会社は今でも繁栄していますから、必ずしも在籍した会社が倒産するわけではありません。

そして、うさくま堂にも「お客様を呼び込む」お客様がいらっしゃいます。

とあるお客様から仕事以外の些細なことでも連絡があると、そのあと何故か思わぬところから仕事が舞い込んできます。あるいは、とあるお客様の仕事を受注すると、必ず他からも引き合いがあってビックリです。

うさくま堂はどちらかと言えば「アンチスピリチュアル」だと思いますが、ツキがツキを呼び込むようなことはありますね。

 


制作の依頼ではなくても、30分のデザイン・ビジネス相談は初回無料で行なっております。お気軽にご連絡くださいませ。

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?