企業理念や仕事への想いは「お客様が選ぶもの」

ミッション、活動理念、企業理念、想い・・・

仕事、特に自営業・フリーランス・会社経営・キラキラ起業etc…しているならば、絶対に必要なものです。

反面、その想いはお客様に、押し付けるものであってはならないでしょう。

※どんなに素晴らしい想いや企業理念であっても、必要ない商品は買いませんよ

活動に必要不可欠な「ミッション・企業理念・想い」

個人事業でも会社組織でも、それを遂行するにあたっての「企業理念」、理念において企業が果たすべき任務・使命である「ミッション」といった想いは必要不可欠です。

大勢のスタッフがいる企業であればもちろんですが、個人事業で1人でやってる場合も同じです。

この企業理念や想いが明確であるから、大勢のスタッフが同じ方向に進めるわけです。個人であっても様々な局面に立たされた時に、どのような選択をするかはこの「想い」に立ち返ることがあるからです。

その想いが明確だからこそ、行動に移すことができるとも言えるでしょう。

それはお客様にとって必要なことなのか

お客様にとって…関係ないとか不要であるとは言いませんが、ミッションや想いはあくまでも「会社」「お店」が持つものであって、お客様が求めていることではありません。

お客様が求めているのは「結果」です。

今抱えている悩みを解決したり、今よりもより良くしたいのです。

想いも大切だけど、それに伴う行動と結果に限ります。

例えば、うさくま堂は「お客様の想いをカタチにするビジネスパートナー」です。

ですが、うさくま堂に依頼をする方は「売り上げを伸ばすために」今あるツールを改善したいのです。あるいは、新しくビジネスを始めるにあたり、反応があって集客に繋がる名刺やチラシが欲しいのです。

もしかしたらビジネスパートナーを求めている方もいるかもしれませんが…ビジネスパートナーのように取り組むことで「成果をより高く出すこと」に期待されているのであって、ビジネスパートナーを求めている方はまずいません。

お客様から「想い」を求めてもらうためには?

想いはあくまでも「じぶんごと」です。

行動と成果の結果から、会社を選んでもらうことが絶対です。

どんな会社のサービスを選ぶか…どれだけ自分にメリットがあるかでしょう。どれだけ目的にあったサービスや商品か、それは効果や成果だったり、費用対コストであったりを検討するでしょう。

いくつもの候補からふるいにかけて、最終的に残った段階ではじめて、あなたの「企業理念」「想い」を確認するのです。

もちろん、最初から想いや理念を重視する考え方の方もいるでしょう。しかし、一般的とは言い難いことかと思います。

「企業理念」「ミッション」「想い」これらはホームページや会社案内(小冊子/リーフレット)、セルフマガジン等では詳しく伝えることが大切です。その上で、名刺や販売促進チラシ・イベントチラシ等は「自分はあなたに対して何ができるか」「このイベントは何か、あなたが来るメリットは何か」を明確に伝えることが先でしょう。

 



名刺・チラシ・セルフマガジン…これまでデザインした制作実績はこちら!

制作の依頼ではなくても、30分のデザイン・ビジネス相談は初回無料で行なっております。お気軽にご連絡くださいませ。

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?