自分で名刺をデザインする時のコツ

パワーポイントで作ってみた名刺です。

Illustrator以外でソフトの使い方のアドバイスはできませんが、自分で名刺デザインするためのコツです。実際お仕事で作る時はこんな感じです。ほんの少し配置を考えるだけで、素人ぽさ軽減!魅力的な名刺になりますよ。

 

img_8506

 

その1:まずは必要な要素を決めよう!

01

とりあえず名刺に入れたい全ての要素を配置。非常にわかりにくいです。とりあえず住所と電話番号、メールアドレス。
この状態で、誤字脱字や要素の抜けがないかをチェックしましょう。

ここまで適当でなくても、かなりコレに近い状態の名刺をたまに見かけます…が、これからですよ!

 

その2:外枠を決めて、その中に収めよう

02

プリンターのズレを考慮して、概ね3mmほど内側に要素を配置。印刷が切れたりしないようにするためです。印刷会社からそのように指示されます。

この段階では、文字は全て左に。でも、まだまだ見辛いですね。

 

その3:文字の大小を変化させ、余白を作ろう

03ロゴ、キャッチコピーでひとまとめ、肩書きと名前でひとまとめ、連絡先でひとまとめ…という感じで、必要な要素ごとに余白を作ります。

まず知って欲しい名前は大きく。肩書きや連絡先は長いこともあり小さくしています。

 

 

その4:優先順位を考えよう

04人間の目は、左上からものを見る習性があります。だから左上には、いちばん見て欲しいものを配置。

まずロゴを置きたくなりますし、実際そうなっている名刺も多いです。しかし、誰もが知っている企業であればいいですが、そうでないなら無意味と言っても過言ではありません。

認知度の低いロゴよりも、自分の想いをキャッチコピーして入れたほうが有効ですね。
場合によっては自分の名前ですが、今回は写真のようにしました。

 

その5:少しデザイン要素を加えて、目立つ箇所を作る

05キャッチの下を黒いベタ(塗り)にして、文字を白くしました。
この部分だけ目立ちますし、全体がしまりますね。

フォントも全てメイリオのレギュラーという太さでしたが、名前とキャッチの部分のみ同じメイリオでもボールド(太)にしました。メリハリついて見やすいです。

Microsoftに搭載されている標準フォントなら、メイリオが太さ2種類あっていいですね。Macならヒラギノ、3-4種類の太さがありますのでおすすめです。。

そして…フォントは1種類か2種類に絞りましょう。
特に名刺のように小さいサイズならなおさら。ごちゃごちゃします。

 

06
この5つをまず考えたら、キレイでわかりやすいレイアウトになるかと思います。
写真や要素がもっと多い場合も手法は同じです。

  • パーツとパーツがきちんと揃っている
  • パーツの意味を固まりにして余白を取る
  • パーツの大小をつけてメリハリを出す。

是非作る時の参考にしてください!

 

おまけ:パワーポイントでの実践動画はこちら(Yahoo lodgeにてプレゼンしたもの)

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?