女子にモテる秘訣を保育士さんから教えてもらった

息子、4歳。

現在は区立保育園の3歳児クラスに通っています。

家庭ではひとりっ子ではありますが、仙台での2園…認可外、認可ともに異年齢混合保育だったのが功をなしたのか?今のところはモテる男に育ちつつあります。

 

この年代の男児は若いお姉さんが大好き!

うちの子に限らず、未就学時(特に3歳前後)の男の子は若いお姉さんが大好き!

それは息子もご多聞にもれず、買い物や外食で居合わせた女性に愛想を振りまきます。どうすれば可愛いかが分かっているかのように…。

3歳を過ぎて言葉がしっかりしてきたら、積極的に話しかけます。

「こんにちは」から始まり「おねえさんかわいい」とか…。お姉さんもそう言われたら悪い気はしないので、息子のことを可愛がります。すると、どこで覚えたんだ?!というような会話まで始めます。

 

保育園でも女子に可愛がられるタイプ

異年齢保育で育った1〜2歳。

女子が多い園で、少しだけ年上のお姉さんに可愛がられてきました。

3歳になり東京の保育園へ転園。大規模でクラスは同い年の子どもメインで、男女比も半々です。慣れるまでには時間もかかり、半年ほどは嫌がっていましたが、だんだんとお友達の名前が増えます。

最初は息子同様にプラレールが好きな男の子の名前でしたが、だんだん女の子の名前が増えました。さらに最近は特に仲良しの女の子の名前が絞られてきました。

送迎の時に見かける女の子は…君達は付き合っているのか!とツッコミたくなるほどの仲良しぶりです(笑)

 

担任の先生が仰るには…どうやらモテるようでした

息子、クラスの中でも…特に女の子からはモテるようです。

保護者個人面談の時も、思いやりのある優しい子(短所は落ち着きがない)でした。人が嫌がることはせず、乱暴でもない。そんなところが特に女の子から好かれるようです。

つい男の子は好きな女の子をからかったりイタズラしたりしがちですが、気を引くつもりが嫌われてしまいます。その点、男の子らしさがないといえばそうなのですが、お友達が何をしたら喜び何をしたら嫌がるかを理解し接しているそうです。

だからと言って、落ち着きがなかったり、自分を抑えて我慢してるワケではなさそう。家に帰ると甘えたり、怒られることも平気でやりますし…。

 

ビジネスの基本って実は保育園の中にある

お客様が欲しいと思っているものを適切な価格で売るのが「商売の基本」です。

必要ないものを売りつけたら「押し売り」ですし、価格以上の対価を求めたら「タカリ」ですし、価値のないものを高値にしたら「ぼったくり」であり、いづれも健全なビジネスではありません。

ここまでひどい言い方ではなくても、お客様から求められていないサービスをがんばったり、価格が不適切だったりするのに「売り上げが伸びない」「集客しない」と悩む時は、どうやって「売るのか」を考えるのではなく、どうしたら「喜ばれるのか」という本質を考えることが望ましいですね。

 

デザインの本質からビジネスを考える宣伝ツールを作成いたします

集客や売上にお悩みはありませんか?

宣伝ツールの目的を見直しビジネスを掘り下げながらも、「かわいい」「美味しそう」「リーズナブル」…目的に合ったテイストのデザインをご提案します。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?