起業家や経営者はお客様やスタッフに弱音を吐くな!

個人事業でもスタッフを雇っていても、いつも仕事が順調なワケじゃないと思うんです。

そんな時こそ、お客様やスタッフに弱音を吐いてはいけないのは何故でしょう。

お客様に弱音を吐いてしまったら…

具体的な技術面のことでも業績に対する不安でも、これから仕事を依頼しようとする時に、そんな弱音をお客様に吐いてしまったらどうなんでしょう。

安心して任せられるだろうか。

サロンや飲食店なら、気持ちよく過ごせるだろうか。

お金を支払って気持ちよくサービスが受けられなかったり、仕事を依頼するも安心して任せられないなら、お客様は他へ行くでしょう。

お客様が離れると、それが連鎖していくと、売上は落ちて業績悪化の悪循環へと繋がります。

スタッフに弱音を吐いてしまったら…

そのスタッフと経営者の関係性にもよります。

もし、力を合わせて共に頑張ってきたのであれば、何かを相談するのは大切なことです。

でももし、ワンマン経営でスタッフの心が離れている時であったり、そこまででなくても日頃コミュニケーションがきちんと取れていない中で弱音を吐かれたら、スタッフも離れてしまいます。

ついて行くのが不安になるような言い方はまず、避けたいものです。

悪い現状をスタッフ同士でシェアしながら、改善するための施策を示すことができたり、施策が出せない時は意見を求めるならまだしも、感情的にワイワイ言い出したら…このまま気持ちよく働けるとは思えないし、状況によっては給与支払いすら心配になります。

そうなるとチームワークはバラバラで、お客様へクオリティの高いサービスが提供できる状態ではありません。お客様はだんだんと離れて行くと、これまた業績悪化の悪循環なのです。

心配事は溜め込めばいいのか?

Facebook等のSNS投稿はお客様や協業相手となりうる人の目もあり、余計なことが広がるだけです。

かといって、心配事を胸に秘めて、ひたすら孤独に戦えばいいのか…そんなことはありません。

そんな時こそ、客観的に見てくれる相手に相談するのです。

反面、そんな弱みがあるからこそ、悪質な起業コンサルも多いことが事実。

安易にアメブロやネットだけで検索せず、人づてに紹介してもらうのがいちばん安心。もしくは、ネットであればその実績を冷静に判断する目が必要です。

ブログ記事が役立つ内容で、それさえ読めば解決できそうなくらい、プラスになることを多々書かれているなら安心かもしれません。少し検索すれば、いくらでも似たような投稿はあるな…なんて人は注意が必要です。

うさくま堂はデザイン制作に関して、30分の無料相談を実施しています。

制作に関わらず、ビジネスの相談でも構いません。

スタッフやお客様に悩みをぶちまけるくらいなら、うさくま堂があなたの話をお伺いします。間違っても、そのあとチラシ作れ!とか言いませんのでご安心くださいね。

 

 

あなたの想いを伝え、お問い合わせにつなげます

自己紹介が苦手な方にオススメの名刺や会社案内です

初めて会う方にあなたの想いや会社のことが伝わり、お仕事のお問い合わせにつながるツールをご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

・この記事を書いた竹村由佳ってどんな人?
・うさくま堂のサービスはいくら?